ゆっくり育つ子ども達のサークル スマイリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 第73回会合の報告♪

<<   作成日時 : 2016/10/03 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10月2日(日)久しぶりのわかくさ園で会合を行いました

わかくさ園は、子どもたちに大人気の施設

わかくさ園は、我が家の子も2〜3歳まで通った母子通園施設で、子どもたちの成長を促すために必要な療育グッズがあれこれそろっています。

中でも人気なのが、トランポリン〜

お兄ちゃんお姉ちゃんから、小さな子どもたちまで、一緒になってワーキャー言いながら楽しんでくれています。

帰りがけには、シャワーあびた?ってぐらい汗だくになっていて大人はビックリしますけどね

このトランポリン目当てにスマイリーの日を楽しみにして来てくれるきょうだいもいて、本当にありがたいことだと思っています

この日、お隣の小牧市から元気いーっぱいなお兄ちゃんと、まだ生まれて数か月のお子さんを連れて新しくお友達が遊びに来てくださいました

お子さんの合併症も落ち着き、少しずつ外に向かって気持ちが動き出しているお母さんは、私の目からは、とても前向きに、そしてとっても穏やかに過ごしていらっしゃるように見えました。

これからきょうだいが生まれるご家族、すでにきょうだいのいるご家族に、私はいつもこう伝えています。

きょうだいをいっぱいぎゅっとしてあげてね♡

きょうだいとの時間をいっぱいつくってあげてね♡

きょうだいをいっぱい甘えさせてあげてね♡

生まれてすぐのころは、病気のことや障がいのこと、親は受け入れることに精いっぱいになってしまい、どうしても障がいのある子に気持ちが向いてしまいます。

それがひと段落してくると、今度は療育が始まり、時間はいやおうなしにとられてしまいます。

そして、それらがまたひと段落したこ頃…今までのしわ寄せが小さなきょうだいに表れ始めるのです…。

「あの時、もっときょうだいに目を向け、二人の時間を作ってあげるべきだった」

後悔している親御さんはたくさんいます。

そうならないためにも、どうか、どうか、きょうだいに目を向けてあげてください。

「あなたは、大切な存在だよ」「大好きだよ」と、どうか、口に出して伝えてあげてください。

親から十分な愛情を注いでもらい育ったお子さんは、障がいのあるきょうだいに対し、自分が注いでもらったのと同じぐらいの愛情をもって接してくれるはずです。

愛情はどれだけもらってもうれしいものですもんね

お子さんのこといっぱい愛してあげてください


Uさん、お兄ちゃんを連れてまた遊びに来てくださいね!

ありがとうございました

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第73回会合の報告♪ ゆっくり育つ子ども達のサークル スマイリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる