ゆっくり育つ子ども達のサークル スマイリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 第74回会合の報告♪

<<   作成日時 : 2016/11/01 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成28年10月30日(日)スマイリー会合を行いました。

今月は日程の都合で2回目のわかくさ園

10組ものご家族が集まってくださり、わかくさ園はママさんと子どもたちでいっぱいになりました

この日、先月初めて参加してくれたちびっこちゃんと、数か月前に参加してくれた少しお兄ちゃんになったお子さんとが初対面

お住まいの地域は少し離れますが、同級生なんです

この地で、このタイミングで出会ったことは「ご縁」。

これから長いお付き合いになることと思いますので、いつまでも仲良く、どんな悩みも分け合って半分こにできる仲間でいてほしいなと思います

スマイリーが活動を始めたのは2008年9月。

この地域にダウン症のお友達が集まる場所がなかったことで、私自身が寂しい思いをしたことがきっかけで立ち上げを決意しました。

設立当時の目標、これは現在の目標でもあるのですが…とにかく、無理をせず「長く続けること」

私自身が無理をしてしまっては長続きしないばかりか、楽しむことすらできません。

必死になって頑張るよりも、もっと気楽に、私が楽しく!みんなも楽しく!をモットーに続けてきました。

とにかく、ゆる〜く自由なサークル運営を目指していましたので、スマイリーは会費なし

住んでいる地域も、江南市近郊であればどこに住んでいてもOK

ご縁があってきてくださった方みんながスマイリーのメンバー

という、かなりお気楽なサークル運営をしています。

ありがたいことに、こんなにゆるい感じなのに(ゆるい感じなのがいいのかな?)毎月7〜8組のご家族が、きょうだいやお父さんも連れてみんなで遊びにきてくれます

何よりも私が一番楽しんでいられるのが、本当にありがたいことだと思っています

だって、みんな可愛いもんね

長く続けていると、メンバーさんがいろんなところでスマイリーの名前を出してくれます。

そのおかげで、江南市だけでなく一宮や小牧、犬山の保健センターさんから、そして江南厚生病院からも紹介を受け連絡がくることがしばしばあります。

地域に根付きだしていることを実感させていただける、とても嬉しい瞬間です。

さまざまご縁をいただく中で、毎年のようにクリスマスコンサートをお願いしている織音さんとは、もうかれこれ6年近いお付き合いをさせていただいています。

2014年の織音10周年記念コンサートの際には、織音作曲・スマイリー作詞で「ママの天使」という楽曲を制作させていただきました。

ママの天使  作曲 織音、作詞 スマイリー




そんな長いお付き合いのある織音さんから、この度、企画運営をしている地域の子育てママさんのための交流会でダウン症の子どもたちのことについて話をしてくれないか?と依頼を受けたのです。

子どもたちを育てながら、スマイリーを立ち上げ、21+Happy主催の写真展を開催し、ポーテージ認定相談員として活動する中で感じたことなどをお母さんたちにぜひ聞かせてほしいと。

きっと、学ぶべきところはたくさんあるのでは、とおしゃってくださいました。

我が家の子どもは、生後8か月の時に急性骨髄性白血病を発症しました。

おかげ様で今はとても元気にしていますが、退院してからの5年間は血液検査と骨髄検査のため、定期的に医者に通っていました。

1年ごとにある骨髄検査。

ここで引っかかってしまうこと…それは再発=即入院を意味します。

再発したら次の治療法はあるのですか?と医師に聴いたときに「その時になってみないと分からない…」と言われた、その言葉の重みは自分が一番よく分かっています。

「もしかしたら今日で平穏な日々は終わるかもしれない。」

毎年、私はこの日を迎えることで、「命には限りがある」ことを実体験として知ったのです。

でも、それは、見方を変えれば…

もし、検査の結果が良ければ、「新しい次の一年が始まる」

ならば、「できることは全部やろう」

そう思いながら1年また次の1年と積み重ね、そして今があります。

子育てママさんのための交流会に出させていただき、参加されたみなさんからは講演後さまざまななご感想やご質問をいただきました。

その中に、「24時間はだれでも平等にあるはずなのに、二人の子育てをしながらのように時間のやりくりをされているのですか?」というものがありました。

正直、私もどうやってやりくりしているのか分かりません(笑)

その時、会場でもこんな感じのお答えしかできませんでした(すみません)。

そして、その日の夜、色々と考えていた時にふと思い出したことがあったのです。

じつは、私の主人が21+Happyの写真展を開催するに当たり「会場が見つからない…」とぼやいていた私に

「これは、お母さんのお役目だと思うから頑張りなさい」と言ってくれたのです。

この言葉がなかったら、多分、私はすぐにあきらめていたと思います。

その後の活動もずいぶん変わっていたかもしれません。

人はどこでどう変わっていくかわかりませんね。

今の自分があるのも、これまで出会ってきた方々とのご縁、繋がりのおかげであり、

何よりも、子どもが生まれてきてくれたおかげ。

私を母とさせてくれた主人のおかげ。

私を生んでくれた両親のおかげ。

そのご縁を大切に、与えられたお役目は精一杯に果たしていこう。

そんなことを感じました。

織音のともこさんが、子育て交流会の様子をとても素敵にまとめて下さったので、こちらをぜひご覧ください。

ともこさん、本当にありがとうございました

http://blog.goo.ne.jp/oriontomoko/e/10c088bc48cde9ef8201fd2db61d32c9

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第74回会合の報告♪ ゆっくり育つ子ども達のサークル スマイリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる