ゆっくり育つ子ども達のサークル スマイリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 第79回会合の報告♪

<<   作成日時 : 2017/07/13 18:58  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成29年7月2日宮田学供にて会合を行いました

今回は、各務原市から一宮市に引っ越し予定のご家族がいらっしゃるということで、一宮市のお友達、それから一宮市の支援級に通うお友達、支援学校に通うお友達に声かけさせていただきました

スマイリーは、地域を限定しないサークルなので、江南市近郊であればどなたでもご参加いただけます

近郊といってはいますが、結局、どの地域の方でも大丈夫です。

私の知っている限りですが、その地域のお友達をつなぐお手伝いをさせていただこうと思っています

スマイリーは会費も取っていないため出来る事は限られていますが、私の知っている範囲での情報、つながりは惜しみなく提供させていただきます。

いつでもお声かけくださいね

今回、お引越し予定で来て下さったママさんも、まだ引っ越しは正式に決まってはいませんが、一宮の話をたくさん聞けたことで、引っ越しを念頭に置きながら支援学校&支援級への見学を積極的に行っていかれるようです。

そして、ちょうど今日、そのママさんから早速報告が

「支援学校の見学に行ってきました!先生方もとっても親切で嬉しい言葉をかけていただけて安心しました」

今度は、お子さんを連れて体験にいかれるそうです。

学校に通うのはお子さんですもんね。

親がみていいと思う場所でも、子どもの反応は全く違う場合があります。

お子さんを連れて、正直な反応をみて進学先を決めることも必要だと、自分の経験からもそう感じています。

新たな出発が、素晴らしいものになりますように

  

それから、今回は、スマイリーに参加してくださった方にこれをお渡ししました。

日本初の、ダウン症のお子さんのための子育て手帳「+Happyしあわせのたね」

画像


21+Happy 企画・制作
日本ダウン症協会 発行

手帳ご希望の方はコチラから
(日本ダウン症協会のサイトから「冊子取り寄せ」ボタンを押し、詳細をご確認ください。)


代表をさせていただいている「21+Happy」の活動の1つとして、4年前から携わらせていただいているこの子育て手帳が、日本ダウン症協会の協力を得てこのたび正式発行となりました。

この手帳は、ダウン症のあるお子さんための母子手帳の役割を果たす手帳です。

私がダウン症のある息子の子育てをする上で感じたことは、まず初めに正しい情報を目にすることができれば、それだけでずいぶん気持ちは救われるということ。

「ダウン症ってなに?」「どんなふうに育っていくの?」様々な疑問への突破口が1つでも見つかれば、その先は自然と繋がっていくものだと思います。

ダウン症のある子を授かったご家族なら誰しも感じるであろう、市町から手渡される母子手帳への違和感。

定型発達と呼ばれる普通のお子さんの身長体重の成長曲線が掲載され、年齢に応じて出来て当たり前の事項が「はい」「いいえ」の二択で記さなければならない。

子どもを授かり、初めて手帳を手にした時のあのドキドキ感とは真逆の辛く悲しい気持ちを、もっと早い時期にケアすることができないものか。

スマイリーを通してたくさんのご家族と出会う中で、より強くその思いをもつようになりました。

「+Happy」 は、21番目の1本多い染色体がもたらしてくれた家族への大きな幸せを意味しています。

染色体が1本多かったからこそ感じる幸せがあり、それによってたくさんの人との出会いがあり、想像もしなかった素晴らしい世界を見ることができた。

そして、今、幸せに暮らしている自分がここにいる。

この手帳を通して、そのことを感じてもらえたら、きっと次の一歩はすぐに自分の力で踏み出せるはずです。

たくさんの方が、この手帳で穏やかに前向きに子育てができますように

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第79回会合の報告♪ ゆっくり育つ子ども達のサークル スマイリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる